Loading

職人泣かせな2×4住宅の現実とは

一般住宅の木造建築には、昔から日本に伝わる在来工法の他に、海外から輸入されてきた「2×4(ツーバイフォー)」という工法があります。今のところ日本ではまだ在来工法で建てる家の方が圧倒的に多いのが現実ですが、この2×4住宅にもメリットがあるため2×4を選ぶ人も徐々に増えてきています。しかし家を建てる職人さんからすると、2×4住宅はなかなか厄介な存在なのです。今回はそんな2×4住宅の実態について詳しくご紹介していきます。 

2×4住宅とは

そもそも2×4住宅のことをよく知らないという人も多いと思います。名前くらいは聞いたことがあるかもしれませんが、実際に自分が建てることにでもならない限り詳しく調べたりはしないものです。
2×4とはその名の通り「2インチ×4インチサイズ」の木材を使用して建てる工法のことで、「枠組壁工法」ともいいます。正確には2×6(ツーバイシックス)、2×8(ツーバイエイト)、2×10(ツーバイテン)などのサイズも使用していきますが、2×4材がメインとなります。
元々はイギリスのフレーム工法が原点となっており、その後アメリカに渡ってバルーン工法という名前で広く知られる工法となりました。現在では日本でも在来工法である木造軸組工法に次ぐ工法となっています。 

2×4住宅の特徴・メリット

2×4工法の特徴は、柱や梁を現場で1本ずつ組み上げていく在来工法に対し、予め工場で2×4材とベニヤ板で組んだパネルを組立てていくというところです。そのため現場での作業はとても早く、職人に高度な技術が求められることもありません。パネルの作成も2×4材とベニヤ板を釘で打ち付けるだけなので特別な技術は必要としません。
2×4工法で建てるメリットは、工期が短くて済むことと耐震強度が高いことです。壁や床がパネルとして出来上がっているものを合体させていくだけなので、特に外部の施工はあっという間に終わってしまいます。また、面で組み立てていく2×4は線で組み立てる在来工法よりも揺れにくいことから耐震強度も高くなります。 

職人泣かせな理由


ではなぜこの2×4工法が職人泣かせの工法なのかというと、輸入材である2×4材の品質が極端に悪いからなのです。本来2×4のサイズできっちりと揃えてカットされているはずなのですが、輸入材は痩せたり太ったりが激しいため、施工するころには明らかにサイズが違ってきているのです。
2×4材を2本抱き合わせて釘で固定してある場所では、本来同じサイズの木材なのでピッタリ揃っているはずが、明らかに片方が出っ張って段差になっていることが頻繁にあります。そのままボードを貼ってしまうと壁や天井はガタガタになってしまうので、その段差を直すことから始めなければならないのです。そのため、在来工法よりも無駄な手間がかかってしまい、職人さんにしわ寄せがきてしまうのです。欧米ではそのような段差は直さずそのまま壁材や天井材を貼ってしまうようなので、日本の建築物の正確さであったり施工の丁寧さであったりを改めて感じることができますね。 

2×4住宅の弱点


2×4住宅には構造的な問題での弱点も存在します。工期が早くて地震にも強いと聞くと、建てる人からすると一見良いことばかりのように聞こえますが、2×4住宅はリフォームには自由度が少なくなります。パネル工法という性質上、壁によって耐震性が確保されているので、壁を撤去したり貫通させたりといった間取りの変更ができないのです。
将来的なリフォームのことまで考えると、在来工法の方が圧倒的に自由度が高く、希望通りのリフォームを行えます。将来のリフォームも視野に入れて新築を建てるのであれば、2×4工法はあまりおすすめできません。
また、在来工法と比べて施工できる建築会社が圧倒的に少ないということも弱点だといえるでしょう。これは新築でもリフォームでも同じことがいえます。デザイン的なことでいうと、在来工法ではよく見かける「化粧柱」などをつくることができません。これは骨組みの木材がすべてパネルで形成されているからで、根本的な部分なのでどうすることもできません。柱や梁を大胆に露出させたオープンなデザインを望むのであれば、在来工法で建てることをおすすめします。 

まとめ

2×4住宅には当然ながらメリットもデメリットも存在します。建築会社の営業さんはメリットを全面に押し出してきますが、その実態はきちんと理解しておくべきです。デメリットも理解したうえで2×4住宅を選ぶことは決して悪いことではありません。しかし職人目線で考えると、やはり材質のしっかりとした木材を使用でき、自由度も高い在来工法をおすすめしたくなるのも事実です。自分たちが何を望むのかにもよりますが、工法は家の構造が決まるとても重要な部分なので、じっくりと比較し納得の行く選択をするようにしましょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 床高を高く天井を低くし格式の高い和室をつくる

  2. キッチンのワークトップ~人工大理石

  3. 無理のない生活ができる住宅ローンの借り方4つのポイント

  4. クレジットカードの借入額・返済遅れがゼロでも融資を受けられない!?

  5. それでも対面型キッチンを選んでしまうのですか?

  6. 知らないと損をする住宅ローンの借り換えテクニック

  7. ウォークインクローゼットの基礎知識

  8. 住宅新築時の前払い金の不足時に便利で有利なファイナンスサービス

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP