Loading

玄関の収納は最大限大きくつくって開放感を出す

玄関にはなるべく物を置かず、すっきりとした印象にしたいですよね。家族が少なければそれも実現できますが、子供が何人もいるような家庭ではなかなか難しいのが現実です。そんな悩みを解決してくれるのは巨大な収納です。スペースを最大限に使った収納をつくり、玄関に開放感を出してみましょう。 

床から天井まで目一杯使う

収納力抜群の玄関収納をつくりたいのであれば、床から天井まで目一杯使った収納をつくることをおすすめします。壁面のスペースすべてを収納に使うことで、一切無駄のない巨大収納が出来上がります。土間の部分ももちろん土間から天井まで目一杯使いましょう。このような収納をつくると、玄関に入った瞬間からホールまでの壁一面が収納なので、壮大な開放感を出すことができます。もちろん靴などが土間に出ていると台無しなので、収納力を活かしてすぐに使うもの以外はすべて収納にしまう癖をつけましょう。その壮大さに、初めて訪れるお客さんはきっと驚くはずです。 

収納の裏には収納部屋をつくる

巨大な収納の裏に収納部屋をつくっておくとさらに便利です。収納を玄関側からと裏側の収納部屋からの両側から開けられるようにしておくと、使う時もしまうときも非常に便利です。収納部屋から中の整頓をすれば、来客時でも見苦しいところを見せなくて済みます。ただの下駄箱ではなく、様々なものをしまっておける巨大収納として活用しましょう。 

まとめ

この巨大収納設計は、大家族であったり玄関にあまりスペースを取れない住宅には特におすすめできます。玄関周りはいくら収納があっても足りないくらいの場所なので、なるべく無駄のないよう大きな収納をつくっておくと、きっと後から良かったと思えるはずです。特に女性は靴も多いので、女性の多い家庭などでは大活躍間違い無しでしょう。これから新築を建てる場合は是非検討してみてください。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 多くの人が理解できていない免震と制震の違い

  2. 後悔しない家を建てるためにやっておきたいこと

  3. オープンキッチンのメリットと特徴

  4. 建築家は、小さな建物を設計しない?

  5. キッチン台の高さとその決め方について

  6. 魚焼きグリルの処遇について

  7. キッチンのワークトップ~人工大理石

  8. 広いデッキを最大限活用した楽しみ方とは?

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP