Loading

竣工後は大丈夫?住宅瑕疵保険と住宅の欠陥について

建築家に住宅を依頼した場合保証はどうなるの、と疑問に思いますよね。例えば万が一、住宅に欠陥が発見されたらどうすべきでしょうか。先に結論を言うと、現在の住宅には全て住宅瑕疵保険が付いています。ですから仮に欠陥が見つかっても、無料で直してもらえます。今回は、そんな住宅瑕疵保険と住宅の欠陥について説明します。

・今はどんな住宅でも瑕疵保険が義務

新築住宅を工事した施工会社には、住宅を引き渡してから10年間の瑕疵責任が義務付けられています。もし施工会社が倒産した場合、修繕に必要な費用を保険会社が支払ってくれます。ですから、施主として無料で欠陥を直すことができるのです。先に述べたように、施工会社は住宅瑕疵担保責任を果たすために保険に加入することが義務です。

これは、施工会社が倒産したときでも保険会社が施主に対して費用を支払えるからです。住宅瑕疵保険は、どんな施工会社でも入れるわけではありません。住宅瑕疵保険に入る前、住宅専門の保険会社が工事を検査します。この検査に合格できた会社が保険に加入できます。そういった意味からも、不良施工を行う悪徳業者は少なくなっています。

・住宅瑕疵保険では構造上重要な欠陥や雨漏りが対象

また住宅瑕疵保険では、構造上重量な欠陥や雨漏りなどが対象です。この2つが損なわれると住宅としての性能が著しく低下するからです。例えば木造住宅の場合、基礎が沈下したなどは当然住宅瑕疵保険の範疇に入ります。また屋根から雨が漏った、なども保証されます。

・まとめ

今回は新築住宅の瑕疵保険について説明しました。建築家がしっかり監理を行ったとしても施工不良の場合もあります。しかし現在の住宅には全て事業者に対する瑕疵保険が義務付けられています。もし耐震性や雨漏りなどが10年以内に発生したら、すぐにでも施工会社に連絡しましょう。また設計してもらった建築家を介して、不具合を見てもらうとよいでしょう。

執筆:ライフスタイルズ編集部

関連記事

  1. 住宅ローン控除期間中に転勤になった!どうなる住宅ローン控除?

  2. 自宅でもアウトドアでも大活躍! スキレットの魅力とは?

  3. マンション購入ではなく一戸建て住宅を選ぶ理由

  4. 高齢者と暮らすなら導入したいホームエレベーターの設置について

  5. 窓が多い部屋のメリットとデメリットについて

  6. 広いLDKにはメリハリをつけて多彩さを楽しもう

  7. リフォームの際の建築確認

  8. 耐震性の高い丈夫な家のデザインとは

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP