Loading

浴槽レベルを下げて温泉のような浴室をつくろう

温泉のような浴室を自宅にもつくる方法があります。それも非常にシンプルな方法なので、特別奇抜な設計が必要なわけではありません。さらに少し大胆な窓を設けるなどすれば、そこはとても自宅の浴室とは思えない空間となることでしょう。そんな温泉風浴室のつくり方をご紹介いたします。 

浴槽と床のレベルを揃える

浴室の床レベルと浴槽上縁のレベルを揃えると、それだけでまるで温泉のような雰囲気をつくることができます。一般的な住宅の浴室は床レベルよりも浴槽上縁が高い位置にあるため、またいで浴槽に入るようになります。しかし想像してみるとわかりますが、温泉は床と浴槽のレベルが揃っていることがほとんどなのです。このレベルを揃えるという設計だけで浴室の雰囲気がガラリと変わります。併せて総檜の浴室にすればさらに非現実的な空間をつくり出すことができるでしょう。 

大きな窓と腰掛けでまるで露天風呂?

床と浴槽上縁のレベルを揃えるだけで温泉風の浴室にグッと近づけることができますが、浴槽部に腰掛けをつくり、大きな開口部に窓を設置すればまるで露天風呂のような雰囲気を味わうことができます。住宅密集地では大きな開口窓は難しいかもしれませんが、住宅が隣接していない土地であったり庭を広く取れる土地であれば、庭向きに大きな窓をつくり、植樹などでブラインドをつくれば実現可能です。温泉風の浴室に腰掛け、広く緑溢れる庭を見渡すことは最高の贅沢だといえるでしょう。 

まとめ

家の中でも浴室は1日の疲れを癒す場所であり、1人になって落ち着ける特別な空間でもあります。温泉好きな人であればそんな自宅の浴室を温泉風の設計にすることは夢のような話なのではないでしょうか。しかしそれは決して夢物語ではなく、現実的に十分実現可能な設計なのです。少し勇気を出して温泉風の浴室をつくることができれば、毎日の入浴がより楽しみなものとなることでしょう。
 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 住宅ローンの店頭金利・基準金利・優遇金利・適用金利の違いは?

  2. 寝室とは

  3. 建築家と施工会社の関係性とは?

  4. 住宅ローンのフラット35を利用するときの団体信用生命保険に関する注意点

  5. 二世帯住宅を建てるときの間取りについて

  6. 多くの人が理解できていない免震と制震の違い

  7. ユニットバスの入り口は引き戸?開き戸?

  8. リフォームの目的を明確にしよう!

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP