Loading

システムキッチンのワークトップの高さは何センチが良い?

ワークトップの高さは指定できる!!

システムキッチンのワークトップの高さは、どのようにして決めれば良いのでしょうか?
この寸法は、使う人の身長から割り出すことが出来ます。計算式は以下になります。

キッチン天板高さ=身長÷2+5cm

つまり身長160cmの人は高さ85cmのキッチンが相応しいことになります。日本人の成人女性の平均身長は、158cm~159cm程度ですから、通常は85cmの高さのキッチンでほぼ良い事になります。古い団地等に付いているキッチンでは、高さ80cmのものも多いですが、現在は各社とも85cmを標準的な高さとして設定しています。

一般的なシステムキッチンの天板高さの品揃えは、80cm・85cm・90cmの3種類を用意しています。つまり、3種類の高さのフロアユニットを揃えているわけです。注文の際にどの高さのものにするか決める必要があります。

フロアユニットの設計は、標準的な85cmのキッチンを元にされているので、高さの低い80cmの商品を選んだ場合、引き出しの収納部分の高さが低く、収納できる調味料の高さに制限が出る場合があります。このような商品は、カタログに説明がありますから、確認すると良いと思います。

細かく高さを設定するならば「リクシルのリシェルSI」

また、リクシルの「リシェルSI」シリーズのように、天板高さを5段階(80cm・82.5cm・85cm・87.5cm・90cm)で調整できるものもあります。この商品では細かく身長に合わせて高さを選択することが可能です。しかし、フロアユニットは80cm・85cm・90cmの3種類のみ用意されていて、82.5cmと87.5cmの商品は、それぞれひとつ低いサイズのフロアユニットに、高さ2.5cmの台輪スペーサーを足して高さ調整しています。

つまり、システムキッチンに下駄を履かせているようなイメージなのです。この部分は収納スペースとして活用出来ないので、少しもったえないのと、台輪スペーサーの価格が上乗せされるので、その分価格が上がります。細かい高さの調節までは不要だという場合は、80cm・85cm・90cmの3種類の中から選ぶのが良いです。

執筆:LIFESTYLES編集部

関連記事

  1. 住宅に使われる木材の種類とそれぞれの特徴

  2. 長期優良住宅について

  3. リフォームの際の建築確認

  4. 玄関に大型収納をつくることの有用性

  5. 竣工後は大丈夫?住宅瑕疵保険と住宅の欠陥について

  6. 住宅ローンの審査が不安、複数の銀行に審査依頼する問題点?

  7. リフォームの工事時の注意点

  8. 木造、鉄骨、鉄筋コンクリート 〜構造で住宅メーカーを考える

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP