Loading

建築家に設計を依頼して施工不良を無くそう。

建築家に設計を依頼すると施工不良が少なくなる、というメリットがあります。建築家に頼むと高い、と思っていますよね。確かに設計料など費用は余分に必要ですが、高いなりに理由があります。

・建築家が施工業者の監理をしてくれる

メーカーの場合、設計と施工が一貫して一社で行います。中には工場を持ったメーカーもあり、材料まで一社で行います。これによって低コスト住宅を実現しています。しかしチェック体制が甘い、というデメリットも。

一方、建築家に設計を依頼した場合、施工は別会社です。そこで建築家は設計監理を行います。設計監理とは、施工会社が設計図通りの施工をしているか監督すること。建築家は自分の作品にこだわりを持っているし、設計通りの施工をしてもらいたい、と考えています。一般の方が現場を見て回るより厳しいチェックです。そのため、施工業者も手抜き工事はほとんどありません。

・建築家が見積もりのチェックをしてくれる

また見積もりのチェックもしてくれる点が嬉しいところ。建築の見積もりは分かりにくい部分が多く、一般人が見積書を読んでもサッパリわかりません。「こんなもんなんだな」と見積書を眺めるのが精いっぱいではありませんか。しかし建築家は相場を知っていますから、施工業者の見積書をチェックし過大な費用請求がないか調べます。

・まとめ

メーカーの場合、設計、施工、見積もりまで一貫して一社で行います。これがコストは最大限に圧縮できている理由の1つ。一方で、チェック体制が甘くなるデメリットも。建築家に設計を依頼すると、施工は別業者です。さらに建築家は自分の設計した建物がきちんと施工されるか監理しますから、施工会社は手抜き施工をしません。

もっと言えば、施工会社を選定する段階で、建築家と付き合いのある施工会社を選んでいます。建築家に信頼される施工会社は当然、実力と実績を兼ね備えているので安心です。また見積もりチェックもしてもらえる点が嬉しい。建築の費用を一般人が理解しようと思っても疲れるだけ。建築家に頼むと高い、だけど高いだけの理由があると分かっていただけたでしょうか。

執筆:ライフスタイルズ編集部

関連記事

  1. 建築家との相性はどうやって確認すればいい?

  2. キッチンのワークトップ~木

  3. 近年話題の「老後破産」を避けるための住宅ローンプランについて

  4. オール電化は光熱費の節約につながる?

  5. システムキッチンのワークトップの高さは何センチが良い?

  6. 寝室と家具、置くべきもの置かない方がよいもの

  7. 書斎の机の大きさについて

  8. 建築コストが抑えられる外観のカタチとは?

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP