Loading

木造住宅には国産の木を使いたい理由

近年では木造住宅自体が減ってきていますが、木造住宅の中でも比較的コストを抑えられる外国産の木材が使用されることが多くなってきています。外国の木がすべて悪いというわけではありませんが、やはり日本で家を建てるなら国産の木を使いたいものです。今回は木造住宅を建てるなら国産の木を使って欲しい理由について解説します。 

日本の森林を守る

最近は昔と違い鉄骨住宅の増加や外国産の輸入木材の増加により国産の木材が使われることが減ってきました。このことが理由でこれまでの「植える→育てる→伐る→また植える」といったサイクルが減少し、手入れの行き届いていない森が増えてきました。木は伐らないと根本まで光が入ってこないため草などの植物も育ちません。こうなると痩せたが多くなり、山が水を蓄えて土の状態を保つという力が現象してしまい、土砂崩れや洪水といった災害を招く要因となってしまいます。日本の森林が本来持っていたはずの素晴らしい自然の力を取り戻すためにも、建築業界では積極的に国産の木を使用して欲しいというのが現状なのです。 

国産の木は日本の気候風土に合っている

日本の森林を守るためだけでなく、国産の木を住宅に使うメリットも存在します。木というのは伐った後でも育った土地の気候風土を記憶しています。湿度が高い日本で育った木は調湿性能が高く、家の材料となってからでもその能力を発揮し続けているのです。シロアリへの耐久性も輸入木材より高く、安心して長く住める家づくりにはやはり国産の木を使う方が向いているといえるのです。 

まとめ

国産の木を使いたい理由としては、まず日本の森林を守り自然災害に強い土地を取り戻すことがあります。そして安心して長く住める家をつくるのであれば、日本の気候風土に慣れて育った国産の木が向いているということもポイントです。安い輸入材と比べると少し費用は高くなってしまいますが、それでもやはり日本で住むための家なので、国産の木にこだわる人が増えて欲しいものです。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. カーテンの役割

  2. 現場見学で職人に適度な緊張感を与える方法

  3. 自然災害補償付き住宅ローンで近年の自然災害の大規模化に備えよう!

  4. 小さなスペースで広々と暮らすオープン設計

  5. 建築家が行う「監理」ってどういう意味?

  6. おしゃれで実用的な構造材を利用した棚作り

  7. 広いLDKにはメリハリをつけて多彩さを楽しもう

  8. キッチン台の高さとその決め方について

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP