Loading

現代だからこそ感じる木造住宅の魅力

現代では様々な建築工法や建材が開発されていますが、そんな時代だからこそ日本の住宅の原点でもある木造住宅の魅力を忘れないで欲しいものです。鉄骨住宅などにももちろんメリットはありますが、木造ならではの魅力を改めてご紹介したいと思います。 

優しくて強い木造住宅

木の家は温もりがあって優しいとよくいいますが、その理由は「熱伝導率」にあります。鉄は熱を帯びるとすぐに熱くなってしまいますが、木は熱伝導率が低いのでなかなか熱くなりません。熱伝導率が低いと温度を奪われにくいので冬でも冷たくなりません。冬場に鉄を触ると冷たいですが、木はあまり冷たくありませんよね。これは熱伝導率の低さが理由となっていて、その性質を利用してフローリングなどの床材にも冷たくなりにくい木材がよく使用されます。触った感触も鉄ほど硬くないことも、優しさを感じさせているひとつの理由といえます。
強度の面では一見木は弱そうに思えますが、決してそんなこともありません。圧縮強度や引っ張り強度の検査ではコンクリートや鋼鉄よりも数倍高い強度の数値が出ています。耐震性でも家の重量が軽いほど強くなるため、鉄やコンクリートの住宅よりも木造住宅は優れていることになります。このように木造住宅は見た目よりも意外と強い住宅なのです。 

精神衛生的にも優れている木造住宅

木には疲労感を和らげたり、精神的な安定をもたらす効果があるといわれています。様々な科学的な実験結果でも木の家が人の精神面に良い影響を与えていることがわかってきたため、木造建築の評価が改められて学校や幼稚園、保育園でも木造の建物が増えてきています。また、スギやヒノキの香りも人の脳や心を癒やす効果があり、リラックス効果が高い点も木の家の優れているところです。 

まとめ

木造住宅は一部の人たちには誤解されている面がありますが、鉄骨住宅にも負けない頑丈さがありながらも温かくて人の体にも優しいというメリットも多い住宅です。様々な工法・建材が広まった現代において、改めて木の家が評価されているのが何よりの証拠です。家を建てるときには、一度しっかりと木造住宅の良さを理解しておくことをおすすめします。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 魅力的な言葉「家賃並みの返済」で住宅ローンを組むときの注意点

  2. ノンバンクから住宅ローンを借りる場合のメリット・デメリット

  3. 新築を建てる時、リフォームする時、どこに依頼すれば良い?

  4. いい建築家の選び方と、その方法について

  5. 逆転の発想 住宅ローンで収入アップとは!?

  6. 住宅ローンを金利だけで選ぶと失敗する理由

  7. 住宅ローン控除期間中に転勤になった!どうなる住宅ローン控除?

  8. 家を建てた人の9割が不満を持つその理由とは?

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP