Loading

軒先の庇を長くすることのメリットとは

軒先の庇は昔から長くする方が良いといわれてきました。それは直射日光や雨から少しでも外壁を守るためという理由があります。しかし、庇を長くすることのメリットはそれだけではないのです。今回は軒先の庇を長くするメリットについてご紹介します。 

外壁の劣化を防ぐ

冒頭でも少し触れましたが、昔から庇を長くする方が良いとされてきた理由は外壁を守るためです。外壁は直射日光や雨が劣化の大きな原因となるため、庇を長くして少しでも直射日光や雨が外壁に当たらないようにしていたのです。昔の人の家を長持ちさせるためのアイデアの1つであり、外壁材の質が良くなった現代でも有効な方法の1つだといえます。しかし、庇を長くすることによる他の効果にも注目されていることがあります。 

夏は涼しく冬は暖かく

その効果とは、太陽が高く昇る夏場は直射日光を室内へ入れず、少しでも涼しく過ごすことができる効果です。また、冬場は逆に太陽が低いため、庇が長くても邪魔にならず、陽射しを十分に室内に取り入れることができるのです。夏場は陽射しが入ってくるのを防ぐ分、日光の明るさを取り込むことには障害になってしまいますが、直射日光を室内に入れて室内の温度を極端に上昇させるよりはマシだと考えるのが一般的となっています。長い庇には外壁材を劣化から守ること以外にも、夏は涼しく冬は暖かく過ごすための役割もあったのです。 

まとめ

庇の長さにまではあまりこだわらない人も多いと思いますが、快適に過ごせる家づくりにはこういった一見地味なポイントが重要な枠割を果たしていることは多いものです。エアコンの使用を少しでも減らし、エコな生活をするにはこういった細かい部分にも気を使うことが大切です。家に付いているものには必ず意味があるものばかりなので、その意味が何なのかを一つひとつ理解していくことが、理想の家づくりに近づくコツといえるかもしれませんね。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 筋交いはどのように取り付けられているか

  2. 床暖房のメリット

  3. スキップフロアの導入で狭い家を広く感じさせよう

  4. 多目的ルームとして使えるのは、和室だけ

  5. キッチンのワークトップ~ステンレス

  6. バリアフリー設備の正しい選び方

  7. 建築家に頼むと費用が高くなるって本当なの?

  8. 建てる前に知っておきたい屋上付き住宅の問題点

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP