Loading

高断熱・高気密な住宅の特徴について

夏は涼しく、冬は暖かい家というのは誰もが憧れる理想の家ですよね。こんな理想的で快適に過ごせる家を実現させるには、「高断熱・高気密」ということがポイントとなります。そこで今回は、この高断熱・高気密な家について詳しく迫っていきます。 

「高断熱」とは

高断熱住宅とは、家の外部の温度からの影響を受けにくい家のことです。真冬で家の外の気温が氷点下のような日でも、家の中では暖房をつければすぐに温まり、暖房を切ってもしばらくはその温度を自然と保てるような家は高断熱な家だといえるでしょう。家の外の温度にあまり影響されず、室内を独立した空間として温度調節できるかどうかが、高断熱かどうかを評価するポイントのひとつとなります。近年の住宅ではこの高断熱は非常に重要視されており、断熱材もより良い製品を使用する住宅が増えてきています。 

「高気密」とは

高気密住宅とは、隙間風などが入ってこない密閉された家のことをいいます。昔の家に比べると現代の家ではあからさまな隙間風が入ってくることはほとんどありませんが、設計や施工が甘いと体感では気づかないレベルで隙間風が入ってきているものです。一般的に気密性を下げやすいのはサッシ回りです。壁と窓のつなぎ目はどうしても完全に隙間をなくすことは難しく、気密性を下げてしまうポイントとなります。とはいえ、現在では様々な施工法や製品が新たに開発されているため、どこの建築業者も気密性を高める努力をしています。そのため最近の住宅では高気密というのは当然のように備わっていると機能と捉えても良いでしょう。 

まとめ

「高断熱・高気密」は最近の建築業者の売り文句として多くの企業で使われています。コストを極限まで下げようとする個人レベルの工務店では怪しい部分もありますが、大手ハウスメーカーなどでは当然の仕様として「高断熱・高気密」が備わっています。大手でも100%安心ということはありませんが、高気密・高断熱の住宅にこだわりたいのであれば、最新技術も導入している大手ハウスメーカーを選んでおくと安心でしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 夏場でも快適&安全! メッシュジャケットの実力

  2. 広いデッキを最大限活用した楽しみ方とは?

  3. カーローンがあると住宅ローンの融資額が数百万円も減額される理由

  4. 建築家との相性はどうやって確認すればいい?

  5. 住宅ローンの事前(仮)審査と本審査の違い

  6. 快適に暮らすための効果的な照明設置方法

  7. ピアノはどこに置く?設置するときに気をつけることは?

  8. 職人目線で考える良い工務店の選び方

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP