Loading

後悔しない家を建てるためにやっておきたいこと

家を建ててから後悔しても、なかなかすぐにリフォームすることは難しいものです。設計の段階では満足していても、実際に住んでみると「ここはこうすればよかった」という点はどうしても出てきてしまうものです。今回は家づくりでそういった後悔をしないためのポイントをご紹介します。 

準備期間には余裕を持つ

家づくりは構想から完成まで1年程度の期間が必要です。お急ぎで建てるともっと短縮することも可能ですが、急いで建ててもあまり良いことはありません。どうしても仕方のない場合は別ですが、なるべく準備期間に余裕を持った家づくりをおすすめします。急いで設計すると細かい部分は業者にお任せになってしまい、イメージとは程遠い住宅になってしまう可能性すらあります。工期も極端に短くなると手抜き工事を招きかねないので、しっかりした施工をしてもらうためにも計画的に進めていくようにしましょう。 

プロに頼ることも大切

設計の段階ではこだわりの強い人ほど自分たちの希望だけを押し通しがちですが、プロの設計士さんの提案もよく聞いてみることをおすすめします。家づくりは多くの人が初めての経験となりますが、プロの人たちは数え切れないほどの経験をしてきています。多くの成功例・失敗例を知っているので、自分たちの希望が本当にベストな判断なのか意見を聞くことは大切なことです。特に悩んでいるポイントなどは自分たちだけで悩まず、設計士さんに意見をもらうことで新たなアイディアが出て来る可能性もあります。経済的な負担が軽くなる提案をしてもらえることもあるので、設計士さんとは二人三脚の良い関係を築くことをおすすめします。 

まとめ

ほとんどの場合で施主は家づくりの素人です。プロに比べると圧倒的に知恵や経験が不足しているため、具体的なことはなかなかわからないものです。なるべく準備期間は長めに取り、業者には理想をしっかりと伝え、具体的な手法などはプロの意見をしっかりと聞くようにすることで、後悔しない家づくりに近づけることでしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 「段差がない」はバリアフリー? 本当の意味でのバリアフリー住宅とは

  2. 預金連動型住宅ローンのメリットを生かす使い方とデメリット

  3. 高気密高断熱住宅で快適に暮らすためのポイント

  4. 子ども部屋とプライバシー

  5. 住宅ローンの優遇金利のタイプと利用上の注意点

  6. 住宅ローンは借りる銀行によっては100万円以上支払総額が変化!

  7. 養生方法1つで職人の質と付き合い方を見極める

  8. .子ども部屋を確保できない時の対策

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP