Loading

建築家と打ち合わせすると費用が発生するの?

建築家の設計した家に憧れをもつ人は多いですよね。洒落た外観やあっと驚くような仕掛けの数々。我が家もあの建築家に依頼したい、と思うでしょう。少し不安なことは、「お金が沢山かかるのか」、「契約を迫られるのではないか」です。今回はそんな悩みに答えていきます。

・1度目は無料相談の事務所が多い

まず、建築家への相談は初回は無料対応が多いです。もちろん建築家にとって金銭的メリットはありませんが喜んで相談に乗ってくれるはず。ただし相談は無料だと思って、足しげく建築家の元へ行くのは常識はずれ。初めは良い顔をしていますが、「私の事務所に設計を依頼するつもりが無いのか?」と疑われてしまいます。

ただ内容によっては、有料の場合もあります。それが「悩ましい問題」。例えば、土地の扱いや、建築紛争中で悩まれているなどです。建築家でも分からないことは沢山あります。相手が「う~ん」と、頭を悩ますような問題は費用が発生します。いきなり訪問するのではなく、電話やメールで「新築住宅の相談をしたいのですが・・・」といい、何を相談したいか伝えましょう。

その時点で、有料または無料を建築家が判断しますし、不安なら聞いてみましょう。住宅専門の建築家なら、お客様は一般の方。費用の面も丁寧に説明があります。

・何度も無料相談をして、別の事務所への依頼は禁止。

ご法度なのは、何度も相談しておいて結局別の事務所へ依頼すること。建築家業界は狭い世界です。地域に根差した建築家同士なら、相手の顔どころか、どの仕事をしているか分かっています。仕事をとられた、なんて恨まれるかも。ですから初回の相談はあなたにとっても大事です。

事務所の雰囲気だけでなく、建築家さんの雰囲気、過去の実績を入念に調べます。後は無料相談中の対応をよくみておきましょう。

・まとめ

「建築家」と聞くと、何となく敷居が高い気がします。「設計料が高い」、「相談料をとられる?」なんて思いますよね。でも案外そんなことはありません。地域に根差した建築家は地元との繋がりを大事にするので、親身に対応します。大抵の建築家が、1度目は無料相談です。安心して憧れの住宅を依頼してみませんか。

執筆:ライフスタイルズ編集部

関連記事

  1. バイク用ヘルメットのタイプっていくつ言える?

  2. 住宅ローンの融資額が減る携帯電話のクレジット払いに注意

  3. 塗装を選ぶ時に考慮するポイントは?

  4. 地震にあったら住宅ローンはどうなる?地震保険への加入で大丈夫?

  5. 郵便ポストのベストな配置は重視するポイントによって決まる

  6. 挽き板と突き板の床材

  7. 猫と住むのに最適な住宅デザインの工夫とは

  8. 本を大量に所有しているなら可動式本棚もおすすめ

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP