Loading

住宅ローンで借りられる金額をシミュレーションしてくれるサイト

住宅ローンの借りるとき、借りられる金額や返済額を事前に確認するために便利な住宅ローンのシミュレーションサイトはインターネット上にたくさんあります。しかし、それらのサイトは借りられる金額・金利ではありません。主に借りたい金額と銀行が公開している金利を入力して計算するシミュレーションサイトが一般的です。そのため、実際に借りるときとは違った結果になって資金計画のやり直しになる可能性があります。そこで、年齢や年収などから借りられる金額と適用される金利をシミュレーションしてくれるサイトを紹介します。

住宅ローンで借りられる金額は一人ひとり異なる

住宅ローンで借りられる金額と金利は、同じ年齢・年収でもその他の条件の違いで一人ひとり異なります。ここで紹介するシミュレーションサイトでは、年齢、年収などを入力することで同じ年齢、年収でも一人ひとり異なった借りられる金額と金利をシミュレーションしてくれます。

厳密にはまったく同じ条件であっても銀行ごとに借りられる金額・金利は異なりますが、このサイトでは平均的な銀行の融資金額と金利を「モゲスコア」という指標を使って提示してくれます。そのため、実際に借りられる金額と金利を保証するものではありませんが、その差は小さいことが期待でき、資金計画をより正確に準備できます。

「モゲスコア」についての情報はこちらで確認できます。

借りられる金額・金利がわかるシミュレーションサイト

年齢・年収などの属性から一人ひとりの借りられる金額・金利がわかるシミュレーションサイトは、住宅物件情報を提供している「HOME’S」を運営している株式会社ネクストが開設しているサイトです。シミュレーションサイトはこちら。

このサイトでは、年齢、年収、勤務先職種・業種、雇用形態、勤務先情報、勤続年数、婚姻の有無、扶養家族数、借金額(負債)、自己資金、購入希望の物件所在地、購入希望の物件タイプを入力することでシミュレーションします。そして、住宅物件情報を提供している会社のサイトだけに希望条件にあった物件をあわせて紹介してくれます。

まとめ

借りたい金額・金利ではなく借りられる金額・金利をシミュレーションしてくれるサイトを紹介しました。実際に借りられる金額や金利が保証される訳ではありませんが、客観的に評価された借りられる金額・金利が分かります。思い込みで無理な資金計画を立てて借りられずに計画が駄目になることが避けられます。上手に活用してください。

関連記事

  1. 寝室とは

  2. 床の強度と大きく関係のある束の重要性について

  3. 変動金利型住宅ローンの金利アップ時に返済額を抑える2つのルール

  4. L字型キッチンのメリットと特徴

  5. フレキシブルに使える畳の間をつくるコツ

  6. 住宅ローン破綻回避は借りられる金額ではなく返せる金額を借りること

  7. 長くすむことを考えると、二世帯住宅のベストな間取りとは? 

  8. 狭い住宅では玄関ホールをつくらないという選択肢

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP