Loading

リフォームが得意な建築士とその特徴について

建築士の中には「リフォーム」をやりたくない、という人がいます。その理由は、リフォームは小口案件、複雑な仕事が多いからです。現在、リフォームの仕事が増えていますが、積極的にやりたがらないのも現状です。

・まずはリフォームの実績を確認すること

一番手っ取り早い方法は、リフォームの実績を確認すること。最近はHPにリフォーム実績を掲載する会社も増えてきました。大規模なリフォームから水回りだけとか、細かいリフォームまで、様々な実績を持つ建築士がおすすめです。

なぜなら大規模リフォームの仕事しか行わない建築士だと、案外細かいことを忘れがちなのです。例えば、リフォームによってコンセントの配置が微妙に変わってしまったとか、後で貼った壁紙が微妙に色違い、など。居住者は気になるのに、建築士が気遣いできないケースもあります。一方、細かいリフォーム案件も行う建築士なら、そんな対応に慣れています。まずはリフォームの実績を確認する事です。

・細やかな気遣いがある建築士はリフォームにも対応できる

リフォームは部分工事が多く、一部解体するので居住者が住みながらの工事が多いもの。そんなとき、工事の職人さんがタバコの吸い殻をそのままに・・・なんて印象悪いですよね。細やかな気遣いができる建築士なら、タバコの吸い殻は必ず持ちかえるよう指導します。

またリフォーム途中に追加工事が必要になることは珍しくありませんが、気遣いができる建築士なら、それらを想定してあらかじめの調査をするかもしれません。調査をしないにしろ、「もしかすると追加工事が必要になるケースもあります。費用は、このくらいです」など説明するでしょう。

・まとめ

建築士の中には自分の作品を残そうと息巻く人たちもいます。そんな人達もある意味、建築家に向いているのですが、リフォームには向いていません。リフォームに向いている建築士の特徴とは、細やかな気遣いができる人々なのです。

執筆:ライフスタイルズ編集部

関連記事

  1. ウォークインクローゼットのメリット

  2. 木造住宅の屋根はどのような構造になっているのか

  3. 壁の色~青

  4. 扉と引戸の特徴を理解して使い分けよう

  5. 寝室の壁の色~「茶色」のもたらす意味とは

  6. カーテンボックスは天井埋込み型で窓まわりをすっきりさせよう

  7. 住宅ローンの支払いの減額を銀行に交渉する際の注意点

  8. 金融機関が重視する年収・年齢を知ると住宅ローン審査に通りやすい?

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP