Loading

広いデッキを最大限活用した楽しみ方とは?

近年増えてきている広いデッキをつくる設計ですが、せっかくつくるのだから最大限活用したいものです。そこで、広いデッキを余すことなく使いこなし、存分に楽しむ方法をご紹介いたします。 

ガーデニングデッキをつくる

広いデッキにはプランターを並べてガーデニングを楽しむことが王道の楽しみ方のひとつです。特に女性は新築住宅に住んだらガーデニングを楽しみたいという願望を持つ人が多く、庭ではなくデッキでそれが実現すれば手入れもしやすく見て楽しむこともしやすいのでおすすめです。カラフルなお花たちや、ちょっとしたプランター菜園なども楽しめるので、リビングからの景色が華やかで実りあるものになるでしょう。 

子供部屋代わりのスペースに

デッキを広くつくると間違いなく大喜びするのが小さな子供です。まるで自分の部屋かのように走り回ったりおもちゃで遊んだりと、子供部屋代わりのスペースとなります。子供が小さなうちは外で一人で遊ばせるのは危険で目が離せませんが、高い壁で囲ったデッキであれば室内と同じ感覚で遊ばせることができます。太陽の光を浴びながらも室内と同じように遊べる環境は貴重です。 

個人カフェをオープン

思い切った楽しみ方としては、個人でちょっとしたカフェを営んでみるという方法もあります。ある程度広さを確保しなければなりませんが、5~6席程度の小規模カフェであれば運営可能です。室内と室外どちらからでも出入りできるようにしておき、キッチンで淹れたコーヒーをデッキのお客さんに出せば立派なカフェの出来上がりです。オリジナルの軽食なども提供すれば、近所では知る人ぞ知る隠れた名店のオーナーになれるかもしれません。実際にこういった個人経営のカフェなどを広いデッキで運営する人が増えてきているので、興味のある人にはおすすめです。

まとめ

今回紹介した方法以外にも、広いデッキはたくさんの楽しみ方があるはずです。DIYスペースにしたりペットを遊ばせるスペースにしたりと、使い方はいくらでも考えられます。自分だけのオリジナルスペースとなれば愛着も一層湧いてくるはずなので、ぜひいろいろな楽しみ方を考えてみてください。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 夫婦と子ども2人で暮らす家の適正な間取り

  2. 本棚で仕切って書斎スペースを確保する

  3. 中庭をコの字型に囲むことのメリット

  4. 金利の上限が付いた変動金利型住宅ローンのメリット・デメリット

  5. 後悔しない家を建てるためにやっておきたいこと

  6. 基礎パッキン工法のメリットとデメリットについて

  7. 建築家は、小さな建物を設計しない?

  8. モデルハウス見学では現実とのギャップを確認する

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP