Loading

オーダーキッチンをローコストでつくるには

キッチンというと既製品のシステムキッチンを想像する人が多いと思いますが、実はオーダーメイドでキッチンをつくることも可能です。フルオーダーメイドでキッチンをつくると費用面で大変になってしまいますが、うまくローコストでつくる方法もあります。そこで今回はローコストでオーダーキッチンをつくる方法をご紹介いたします。 

オーダーキッチンのメリットとデメリット

オーダーメイドキッチンにもメリットとデメリットはそれぞれ存在します。メリットはなんといってもデザインや機能面で自分の好みにつくることができることです。全体のレイアウトはもちろん、カウンターの高さやキャビネットなど、完全オリジナルキッチンをつくり上げることができます。デメリットは、どうしても既製品に比べて費用が高くなってしまうことです。キッチンに限らずですが、やはりオーダーメイドになると既製品に比べ大幅に費用がかかってしまうことは覚悟しておかなければならないことです。 

ローコストオーダーメイドキッチンのつくり方

では、なるべくローコストでオーダーメイドキッチンをつくる方法ご紹介します。その方法とは、オーダーメイドと既製品パーツの組み合わせです。例えば、レンジフードや吊り戸棚など上方に設置するものに関しては、不燃処理などの手間を考慮し既製品を使用することがおすすめです。一方で、下部のカウンターやキャビネットに関しては、オーダーメイドで自分好みのキッチンにすると良いでしょう。このように既製品とオリジナルを融合させるだけでも、大幅な費用の削減につながります。下部だけでもオリジナルにすることができれば、キッチンカウンターとテーブルを合体させるようなプランも実現可能です。オーダーメイドキッチンは、狭いキッチンなどでスペースを有効利用したい時に高い効果を発揮してくれるのでおすすめです。 

まとめ

オーダーメイドキッチンと聞くと敷居が高そうにも聞こえますが、実際はそんなことはなく今回紹介したように半分だけオーダーという方法もあるので意外と現実的な手段でもあります。狭いスペースを有効利用したいときなどには是非検討してみてください。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 無垢材住宅のメリットとデメリット

  2. 机の置き方リビング編

  3. 畳スペースを上手に間取りに取り入れる方法と使い方

  4. 北面道路の土地で家を建てる際に気を付けるべきポイント

  5. ユニットバスの入り口は引き戸?開き戸?

  6. 窓の種類と取り付け位置による違いとは

  7. 子ども部屋とプライバシー

  8. アイランド型キッチンのメリットと特徴

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP