Loading

アルミサッシと木製建具を融合させて快適生活へ

豪雨や強風から家を守ってくれる存在として雨戸がありますが、昔はこの雨戸を収納する戸袋にも趣向が凝られ、デザイン要素のひとつという役割もありました。しかし近年では防犯シャッターの普及で昔ながらの雨戸や戸袋は姿を消しつつあります。そこで、雨戸ではなく板戸を窓の内側に入れてアルミサッシと木製建具を融合させる方法をご提案してみたいと思います。 

板戸をサッシの内側に

板戸とはその名の通り木製の建具のことですが、この板戸をアルミサッシの内側に入れる方法があります。和室などで障子を入れる場合は、アルミサッシと障子の間にこの板戸を入れることになります。外に雨戸を設けるよりも手軽に使用することができるので非常に便利な建具です。劣化の心配も少なく、メンテナンスが楽なのも板戸を内側に入れるメリットです。 

板戸を入れる効果

板戸を取り入れる効果は様々なことが考えられます。防犯にもなりますし、遮光効果も期待できるでしょう。障子を入れる窓の場合、アルミサッシと板戸とで3枚になるため壁の厚みは増すことになりますが、美しい窓廻りは家の表情を作ってくれます。 光を取り入れたい時には板戸を開けて壁の中にしまい、夜には引き出して使用することができます。板戸には通常の引手の他に、小口に半回転引手を付けておくと、戸袋から引き出す時に便利なのでおすすめです。 

まとめ

板戸を入れるだけでも窓廻りの表情はガラリと変わり、和の味を出してくれることでしょう。和風の家にはデザイン的にマッチすること間違いなしですが、洋風の家でも機能性が高い板戸の導入はおすすめできます。窓際に木の温もりを感じられる建具があるだけでもリラックス効果が期待でき、シャッターよりも気軽に開閉できるため、遮光の調整にも便利です。和の雰囲気を演出してくれて、機能性にも優れる板戸の導入を検討してみてはいかがでしょうか。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 変動金利型住宅ローンの金利アップ時に返済額を抑える2つのルール

  2. ビルトインオーブンのメリットとデメリット

  3. 「エコカラット」で気持ちの良い室内にしよう!!

  4. 新築住宅購入者の平均年齢と収入額について

  5. ローコスト住宅はなぜ成り立っているのか

  6. 一度使うとやめられない、スマートロック

  7. 壁や天井に使う石膏ボードの種類や特徴について

  8. 建築家との家づくりを知りたい。気軽に情報収集する方法は?

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP