Loading

奥が深い防音室のつくりかた

自宅で楽器の演奏をしたい人などは、防音室をつくりたいと考えることがあると思います。近所への迷惑を気にせず演奏できればそれは嬉しいことですよね。しかし防音室と一言でいってもそのつくりは様々で、奥の深いものです。一般家庭ではなかなかお目にかかれない防音室とは、一体どのようにつくられているのでしょうか。 

木造は遮音性が低い

一般家庭に多い木造住宅はRC構造に比べて軽量で遮音性が低いので、自宅で楽器を演奏したい人は部屋の防音性能を高めておく必要があるでしょう。防音室をつくるには遮音材と吸音材を使用し、防振対策も施す必要があります。空気層を設けることにより遮音性が高まるので、天井裏などを有効に使用します。ポイントは音響設計で最適な遮音と吸音のバランスを見つけ出すことです。
防音室をつくるということは、部屋全体を2重構造にすることになります。石膏ボードも2枚張りで、壁も2重構造にし、内側と外側の壁をくっつかないようにします 。くっつけると外に音が伝わってしまうので、壁の間に空間をつくるのです。 

扉や天井の対策

防音室には扉や天井の工夫も必要です。扉は防音扉を内側に1枚取り付ける場合もあれば、さらに一枚一般扉を外側にプラスするケースもあります。後者の場合、重い防音扉は通常は開けておき、部屋の出入りの際には一般扉を使うことになります。天井は音が増幅すると太鼓のような状態になってしまうので、断熱材を密に敷き詰めて対策しましょう。あえて斜め天井などにして音響のバランスを取ることもあります。 

まとめ

防音室をつくるには、壁・天井・扉・窓などすべてにおいて対策をする必要があります。普通の部屋と比べると費用も多くかかります。しかし仕事や趣味で頻繁に自宅で楽器を弾くことがある人は、近所を気にせず演奏できる利点を考えると多少費用をかけてでも防音室を作っておくことを強くおすすめします。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 浴槽レベルを下げて温泉のような浴室をつくろう

  2. カーテンボックスは天井埋込み型で窓まわりをすっきりさせよう

  3. 玄関を開けたら室内が丸見え!?扉の開き勝手に注意

  4. 子ども部屋の収納について

  5. オール電化は光熱費の節約につながる?

  6. 多くの建築会社がプレカットを導入している理由とは

  7. 北庭面に地窓を設置し涼しい風を取り入れよう

  8. 知っておくべき人感センサーライトの便利機能

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP