Loading

便利な備え付け収納を小技を取り入れてつくる

住宅にあらかじめ備え付けでつくっておく収納は、多ければ多いほど助かるものです。一般的な住宅では無駄な空間となってしまっているスペースを収納として有効活用することができれば、例え狭い家でも室内を広く使えて快適です。家の中でどのようなスペースが収納として有効活用できるのかご紹介します。 

階段の下はすべてを収納にする

階段下収納はよく見かける収納スペースではありますが、ほとんどの場合階段下を斜めにくり抜いた形の収納だと思います。それはそれで悪くないのですが、階段下スペースを徹底的に有効活用するのであれば、すべての踏み板の下のスペースも収納にしてしまいます。斜めではなく踏み板に沿ってガタガタにするということです。側面から出し入れできるようにしてもいいですし、階段の正面側から収納できるようにする方法もあります。側面から荷物の出し入れができるようにするのであれば、なるべく両側からできるようにしておくと効率的に使用できるでしょう。 

小上がりの下も有効活用

リビングに小上がりをつくる場合は、小上がりの下も収納スペースにして有効活用しましょう。小上がりの下のスペースは意外と収納力が高いので、子供のおもちゃやちょっとした雑貨などを入れておくのに役立ちます。急なお客さんが来たときにも、とりあえずまとめて物を入れられるようにしておけば、一瞬にしてきれいなリビングに片付けられるので便利です。ソファやベッドをオーダーでつくる場合も、下のスペースを収納にすることで家の収納力は大幅に向上します。 

まとめ

よく考えてみると家の中にはデッドスペースが多く、そこをどれだけ収納として有効活用できるかが部屋を広く使うためのポイントとなってきます。日本の住宅は狭くなりがちなので、収納に小技を取り入れて少しでも物を隠す場所をつくる必要があります。新築住宅を建てる際には徹底した空間の有効活用で収納を多くつくっておくことがおすすめです。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 住宅ローンのフラット35を利用するときの団体信用生命保険に関する注意点

  2. 子ども部屋はいつから必要か?(マンション向き)

  3. 給湯設備について

  4. 軽量鉄骨や鉄筋コンクリート住宅でもシロアリ被害の可能性はある

  5. 自然素材の床材について

  6. 郵便ポストのベストな配置は重視するポイントによって決まる

  7. カーローンがあると住宅ローンの融資額が数百万円も減額される理由

  8. 建築家に依頼した住宅の工事費を極端に増やさないためには?

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP