Loading

住宅購入予算を減額して住宅ローンを減らすノウハウ

住宅ローンの負担を軽くするには、低い金利と諸経費がかからない銀行を探すことがもっとも効果的です。銀行は交渉次第で金利もさらに低くなる可能性もあります。努力することで住宅ローンの負担を軽くできます。

この方法も重要ですが、発想を変えて購入する住宅の金額を下げるためのノウハウを紹介します。購入する住宅の価格を下げるというと値下げ交渉ノウハウをまず思い浮かべるかもしれませんが、そうではありません。値下げ交渉ももちろん行うべきですが、今回ご紹介するのは、住宅の「断捨離」です。2010年に流行語大賞になった「断捨離」ですが、住宅購入にも活用できます。

住宅購入の「断捨離」とは

住宅の購入は、実用的な面にプラスして夢を購入するという面もあります。そのため予算が許せばできるだけ広くて、豪華な住宅を購入したいと多くの人が願望します。予算と折り合いをつけて現実的な住宅を購入できれば問題はありません、夢を捨てきれずに無理をすると住宅ローンの返済に苦しむことになりかねません。

住宅購入の「断捨離」とは、広さも豪華さも捨てないで、まず現実の生活の中にある無駄を徹底的に省いて「断捨離」を行った上で、それにふさわしい広さの住宅を購入することです。特に都心部のマンション購入に効果的な方法です。

多くの家庭には使わない不用品がたくさん眠っています。それらを「断捨離」することで希望よりも一回りほど狭いマンションを購入しても余裕のあるマンション生活が可能です。間取り変更なマンションであれば収納スペースを少しつぶして居住スペースにできればマンションの専有面積は小さくても、広々とした生活が可能です。間取り変更ができなくても収納スペースに部屋を狭くする家具類などを入れて部屋を広く活用もできます。

「断捨離」で購入価格をどの程度下げられる?

たとえば、東京都のマンション相場は平均坪単価は299.6万円とあるサイトに紹介されていました。3LDKから4LDKの少し広めのマンションを購入予定であれば、「断捨離」すれば約1割で1坪を減らすことは十分可能と思われます。そうすれは約300万円購入費用を下げられます。都心に近く坪単価の高いマンションであれば、あるほどマンション購入費用を下げられ500万円以上1000万円もマンションによっては可能になるでしょう。

もちろん、地方都市でも東京の都心部ほどの効果はないかもしれませんが、十分検討しても良い方法です。

まとめ

住宅購入前に「断捨離」を徹底して購入する住宅のサイズを一回りだけ小さくすることで住宅購入費用を下げ、住宅ローンの借入額を減らし返済を楽にする発想について紹介しました。「断捨離」以外にも収納を徹底的に工夫することでも狭くても広々した生活が可能です。住宅購入を生活に密着させて検討することでローン返済を楽にできます。

関連記事

  1. アルミサッシと木製建具を融合させて快適生活へ

  2. 住宅業界の第三者に聞く、住宅会社の良し悪しを見極める方法

  3. 建築家との家造りを途中でやめたらどうなる?

  4. デッキを壁で囲って部屋の一部にしてしまおう

  5. 夫婦と子ども2人で暮らす家の適正な間取り

  6. 床下と天井裏のチェックで防げる手抜き施工

  7. 「段差がない」はバリアフリー? 本当の意味でのバリアフリー住宅とは

  8. 建材メーカはたくさんある!!

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP