Loading

住宅ローンのフラット35を利用するときの団体信用生命保険に関する注意点

住宅ローンを借りる場合、一般的には団体信用生命保険に必ず加入が必要と思われています。この生命保険は長い住宅ローンの返済期間中には、万が一のことが起こることも考慮しなければならないので安心のためにはコストがかかっても必要な経費です。しかし、フラット35では団体信用生命保険への加入が任意で、加入したくなければ加入しないで済みます。そこで、フラット35で住宅ローンを利用しない場合の注意点について紹介します。

団体信用生命保険に加入するメリット

団体信用生命保険への加入へ加入していると、働き盛りで家計を支える夫が急に事故や病気で死亡、あるいは重度の障がい者になったときに残りの住宅ローンの返済が不要になるメリットがあります。また、がん、急性心筋梗塞、脳卒中になって一定の条件を満たせば同じようにその後、住宅ローンの支払いは不要です。安心のためには必要な生命保険です。

フラット35利用時の団体信用生命保険加入に関する注意点

長い返済期間を考えると団体信用生命保険には加入が必ず必要と考えられますが、フラット35は任意加入なため加入しなくてもすみます。そのため、少しでも経費を抑えたいと考えると、健康に自信があれば取りあえず加入はしないでおいて、後で必要と思うようになったら加入しようかと考えたくなる人もいることでしょう。あるいは、がん、急性心筋梗塞、脳卒中を発症したときに死亡と同じが受けられるためには、特約を付ける必要がありますが、保険料が上がります。そこで、やはり同じように心配になったときに特約を付けようと思うかもしれません。

しかし、団体信用生命保険は、一般の生命保険と異なりいつでも加入できる訳ではありません。住宅ローン契約時にしか加入できません。同じように特約も契約時にしか特約を付けられません。この2つに注意して、団体信用生命保険に加入するかしないかを判断する必要があります。

フラット35で団体信用生命保険に加入するか、しないかの決め方

では、フラット35の場合、加入するか、しないかはどちらが得なのでしょうか? まったく生命保険に加入しないのはリスクが高すぎると思われます。そのため、まず住宅金融支援機構のホームページでたとえば3000万円の住宅ローンの保険料がいくらかを確認できます。その金額と一般の生命保険の保険料と比べます。一般の生命保険は、3000万円の住宅ローンであれば単純に死亡に3000万円の補償が受けられる掛け捨て型生命保険の保険料と比較すると良いでしょう。

まとめ

住宅ローンを借りるときに必ず必要な団体信用生命保険にフラット35必ずしも加入しなくても良いこと、および加入しないと考えたときの注意点、および加入するか、しないかの判断方法について解説しました。フラット35の保険料はかなり高額なので慎重に判断することが大切です。

関連記事

  1. 高齢者と暮らすなら導入したいホームエレベーターの設置について

  2. 子ども部屋とプライバシー

  3. 幸せな暮らしを守る賢い防犯対策とは

  4. 太陽光発電について

  5. ペニンシュラキッチンのメリットと特徴

  6. アイランド型キッチンのメリットと特徴

  7. 書斎の机の大きさについて

  8. 家を建てるなら知っておきたい、日本の有名建築家

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP