Loading

家のすべてを支えてくれる基礎の種類とその特徴について

基礎は家の土台からすべてを支えてくれる非常に重要な役割を担っています。基礎に欠陥があればそこに乗っかっている家はすべて影響を受けてしまうでしょう。そんな大切な基礎には工法の種類があり、地盤の強さによってその工法が決められることになっています。今回は基礎の種類とそれぞれの特徴についてご紹介いたします。 

基礎の種類と特徴

基礎には「布基礎」「ベタ基礎」の2種類が存在し、それぞれに異なる特徴があります。

【布基礎】
布基礎とは、建物の部屋割りの境に沿うように線状につくる連続した基礎のことをいいます。一般的な木造住宅にはこの布基礎タイプの基礎が多く採用されています。

【ベタ基礎】
ベタ基礎は建物の下部全面に基礎をつくる方法で、底面全体で建物を支えるという仕組みです。地盤が弱い場合にはこのベタ基礎が用いられ、防湿にも優れる強固な基礎で建物を支えます。布基礎と比べるとコンクリート量も鉄筋量も多く必要なことから費用は高くなってしまいますが、最近ではこのベタ基礎が主流となっています。 

しっかりとした基礎にするには

しっかりとした強固な基礎をつくるには、基礎の立ち上がっている部分が途切れずつながっていることが重要となります。外周部はぐるりと回って閉じてあり、換気口や点検口をつくる場合でも基礎を切らないように施工しなければなりません。また、基礎にヒビが入ってしまっていると、そこから鉄筋が錆びてしまう恐れがあるため、可能な限りチェックすることも必要となってきます。 

まとめ

建物の重さをすべてを支える基礎は非常に重要なポイントなだけに、欠陥工事が許されないところでもあります。ちょっとしたヒビから劣化が始まり、後々大きな問題が生じてしまうようなケースもあるので、なるべく早い段階からチェックしてみることがおすすめです。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 挽き板と突き板の床材

  2. R天井で光を柔らかく広げる和室をつくる

  3. 意外と悩む屋根や外壁材の種類と特徴について

  4. キッチンは広ければいいというものではない理由

  5. 住宅ローン、赤字会社に勤務していると借りられないの?

  6. I型キッチンのメリットと特徴

  7. 中庭のある家、メリットとデメリット

  8. 「子ども部屋はいらない」という意見について

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP