Loading

知らないと損をする住宅ローンの借り換えテクニック

高いときに借りた住宅ローンは借り換えをすることで返済額を減らせます。そこで多くの人はどこの銀行に借り換えようかと頭を悩ませます。確かに金利の低い銀行を探すことももちろん重要ですが、もっと重要なことがあります。それは銀行に金利を引き下げさせるための交渉テクニックです。これを知らないと、もっとも低い金利の住宅ローンに借り換えられません。そこで、どのように銀行と金利引き下げの交渉を行えば良いかのテクニックについて紹介します。

ポイントはどこの銀行で借ではなく、いかに金利を引き下げるか!

通常、借り換えは金利の低い銀行を見つけてそこで借り換え続きを行います。確かにこれでも現在の金利よりは低い金利で借りられるので借り換え成功と言えるかもしれませんが、ここで終わったら完全な成功ではありません。しかし、これよりもさらに金利を引き下げるためのテクニックは、その銀行の金利条件を、今住宅ローンを借りている銀行に交渉して引き下げてもらうように交渉することです。

今借りている銀行に金利引き下げを交渉するメリット

このテクニックに良い点は、借り換えしようとしていた銀行の金利よりさらに低くできて、借り換えに伴う諸費用が発生しないことです。また、借り換えに伴う手続きや審査が不要なことも大きなメリットです

借り換えを成功させるテクニックは、他の銀行で借り換えを真剣に検討していることを今の銀行に分かるように、もっとも安い金利の銀行で具体的な借り換えプランをあらかじめ先に提示してもらっておきます。そして、それをベースに今の銀行と交渉することです。

銀行が金利交渉に応じる理由

なぜ、銀行が金利交渉に乗ってくれるかというと銀行にとっての住宅ローンの顧客は、優良顧客だから失いたくないためです。銀行に限らず安定した収益を与えてくれる顧客は、他店に流れないようにいろいろ優遇策を図って引き留めるのと同じことです。銀行だからそれをやらないということでは決してありません。ただし、いままでのローン返済に延滞や滞納がないことが条件です。

まとめ

住宅ローンの借り換えを成功させるには、安い金利の銀行をさがすことではなく、それを基に「今の銀行と金利引き下げを交渉すること」について紹介しました。また、安い金利の銀行を探すだけでなく、実際に借り換えプランを提示してもらうところまで行った結果を基に交渉すると効果的です。0.1%さらに金利が引き下がるだけでも大きな効果が得られます。

関連記事

  1. 独立した部屋にする

  2. 玄関に大型収納をつくることの有用性

  3. 北庭面に地窓を設置し涼しい風を取り入れよう

  4. 塗装を選ぶ時に考慮するポイントは?

  5. 高気密高断熱住宅で快適に暮らすためのポイント

  6. 狭い子ども部屋の活用方法

  7. 外断熱・内断熱のメリットとデメリットとは?

  8. 収納に困らない家をつくるために知っておきたいこと

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP