Loading

扉と引戸の特徴を理解して使い分けよう

内部建具には戸、障子、襖、戸襖などがありますが、大きく分けると「扉」と「引戸」になります。この2つの特徴をしっかりと理解することで、適材適所で最適な建具を使用することができるでしょう。そこで今回は扉と引戸について、違いと特徴を詳しくご紹介いたします。 

扉の特徴

扉とは蝶番で固定された箇所を軸に弧を描いて開閉する開き戸のことをいいます。一般的に洋室で使われることから、現代住宅では非常に多く使われている建具となります。2つの部屋の床の高さが同じであれば敷居が必要なくフラットにできることや、密閉性が高いことが特徴です。防音性も高く、音漏れが気になる部屋には特におすすめです。片開きタイプと両開きタイプがあり、両開きタイプは「観音開き」とも呼ばれます。 

引戸の特徴

引戸は扉とは違い、戸自体を左右に動かすことにより開閉されます。近年この引戸を間仕切りとして活用する住宅が増えてきており、一つの大きな子供部屋を将来的には引戸で仕切って2部屋にするといった使い方をする住宅もあります。これまでは戸を動かすために床に敷居を作ることが一般的でしたが、最近では「Vレール」と呼ばれる床にレールを埋め込む工法や、上から吊るすタイプの「吊戸」が主流となりバリアフリー住宅にも対応するようになりました。 

まとめ

扉にしても引戸にしても、現在では敷居なしのバリアフリーにできることから選択肢は広がってきています。そんな中で、あえて「オリジナル建具」という選択肢があることも頭に入れておくと良いでしょう。建具職人と大工さんによりつくられるオリジナルの建具は、既製品が多い戸の中で大きな存在感を示すことが可能です。費用は高くなりますが、既製品にしっくりこない場合はこだわりのオリジナル建具も是非検討してみてください。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. ゼネコンの力、大成建設ハウジング|鉄筋コンクリート造の強みとは?

  2. 石材について

  3. カーテンボックスは天井埋込み型で窓まわりをすっきりさせよう

  4. 太陽光発電について

  5. 狭い住宅では玄関ホールをつくらないという選択肢

  6. ロフトのある家、メリットとデメリット

  7. 活用しよう!地方公共団体の住宅ローン支援制度

  8. 窓の種類と取り付け位置による違いとは

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP