Loading

金融機関別の住宅ローンの特徴を知って最適な住宅ローンを選ぼう!

住宅ローンを借りるとき借りる金融機関は、住宅金融支援機構が発表している調査結果によると、約6割もの人が不動産販売会社が提携している金融機関の住宅ローンを利用しています。そのなかの何割の人が無条件に提携住宅ローンを選んでいるかは不明ですが、かなりの割合の人が無条件に選んでいるのではないかと思われます。提携住宅ローンには、メリットもありますが、デメリットもあります。また、都市銀行、地方銀行、信用金庫などの金融機関ごとにも、それらの金融機関が提供している住宅ローンには特徴があります。最適な住宅ローンを選ぶために知っておくべき金融機関別の住宅ローンの特徴を紹介します。

都市銀行(メガバンク)の住宅ローンの特徴

都市銀行が提供している住宅ローンの特徴は、融資限度額が高いこと、取り扱っている住宅ローンの金利タイプの種類が豊富なことです。そのため、高額物件の住宅ローンや、ライフスタイルにあった最適な住宅ローンを選べます。また、重要な金利はネット銀行に次いで低いので、提携する住宅ローンの金融機関が都市銀行でなければ比較検討をおすすめします。

地方銀行・信用金庫・信用組合の住宅ローンの特徴

重要な金利は、高目ですが地元に密着しており、キャンペーンで有利な融資条件が出ることもあります。地元のこれらの金融機関がキャンペーンを行っていないか、行っていれば条件を必ず確認するようにしましょう。地元に住んでいれば審査で有利になることも考えられます。

信託銀行の住宅ローンの特徴

都市銀行よりは知名度が劣りますが、金利は低いので金利の低さを最優先で住宅ローンを選ぶ場合は、チェックがする必要のある金融機関です。

ネット銀行の住宅ローンの特徴

店舗を持たずにインターネットを中心に事業を展開しているため、どこに住んでいてもインターネット環境があれば利用できます。店舗がないため人件費が少なく金融機関のなかで、もっとも低金利の住宅ローンを提供しています。ただし、手続きが長くかかること、分からないことの確認が面倒というデメリットがあります。審査も厳しいですが、金利優先であれば、まず検討すべき金融機関です。

フラット35専用モーゲージバンクの住宅ローンの特徴

モーゲージバンクとは、一般的な金融機関は預金を集める預金業務を行いますが、預金業務を行わずに住宅ローンを専門に取り扱う金融機関のことです。主にフラット35のみを取り扱っています。フラット35を都市銀行やその他の金融機関も取り扱っていますが、フラット35のモーゲージバンク金利は低くフラット35を利用したいときは必ずチェックしましょう。

まとめ

金融機関ごとに取り扱っている住宅ローンの主な特徴を紹介しました。最適な住宅ローンは住宅ローンを借りる人に状況によって異なるので、どの金融機関がベストとは簡単に決められません。すべての金融機関の住宅ローンを比較するには大きなエネルギーがかかります。しかし、何を優先して住宅ローンを選ぶかを決めて、金融機関ごとの特徴を見ながら、その金融機関について詳しくチェックすると効率的に選べます。

関連記事

  1. 住宅ローンのフラット35を利用するときの団体信用生命保険に関する注意点

  2. テレビまわりのあかりのテクニック

  3. 良い大工とダメな大工を見分ける3つのポイント

  4. 担当者が一級建築士を持っていなかったけど大丈夫?

  5. 寝室とは

  6. 玄関を開けたら室内が丸見え!?扉の開き勝手に注意

  7. 住宅ローンを金利だけで選ぶと失敗する理由

  8. 高級な総檜住宅が人気を集める理由とは

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP