Loading

高齢者と暮らすなら導入したいホームエレベーターの設置について

ホームエレベーターと聞くと贅沢なものだと思いがちですが、近年は一般住宅でもホームエレベーターを導入する住宅は増えてきています。高齢化による二世帯住宅の増加も関係していると考えられ、高齢者や車いす利用者がいる家庭では積極的に導入する流れができつつあります。二世帯住宅や3階建ての住宅を検討しているのであれば、思い切ってホームエレベーターを導入してみてはいかがでしょうか。 

高齢者との暮らしや3階建てにおすすめ

ホームエレベーターの導入は足の弱い高齢者でも2階以上での生活が可能となり、3階建ての住宅では1階で洗った洗濯物を3階のベランダや屋上まで運ぶことが楽になるというメリットがあります。キッチンが2階や3階にある場合にも、多くの食品を運ぶことが非常に楽になるでしょう。普段の生活の中のちょっとした苦労が、ホームエレベーターを導入することにより快適な暮らしへと変わることが期待できます。 

種類と費用について

ホームエレベーターは2つの種類に分けられます。1つは「ロープ式」というワイヤーで支えて巻き上げるタイプの駆動方式で、もう1つは「油圧式」という下からジャッキで支えて油圧で上下動するタイプです。どちらも一般住宅で導入可能なので、長所と短所をよく比較して決めるようにしましょう。導入費用は一概にはいえませんが、目安としては初期費用は200万円以内くらいと考えておくと良いでしょう。その他に毎年1回の法的点検が義務付けられているので、メーカーとの契約料や電気代がランニングコストとしてかかってきます。 

まとめ

自宅にエレベーターがある生活というのは想像しにくい人も多いと思いますが、自身の将来のことを考えてもあると非常に便利な設備です。新築を建てる段階ではまだ必要ない場合でも、吹抜けや収納として将来エレベーターを設置できるスペースを確保しておくと、必要になったときのリフォームが最小限で済むでしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 木造住宅の構法とそれぞれで違う安全性の仕組みとは

  2. 机の置き方、独立した部屋の場合

  3. 床の強度と大きく関係のある束の重要性について

  4. 使い勝手の良いバルコニーを作るために意識すること

  5. 建築家は、小さな建物を設計しない?

  6. 子ども部屋を兄弟共有で使う

  7. 鉄筋コンクリート造や鉄骨造が得意な建築士とその特徴

  8. 延床面積が狭い家を、広く見せるコツ

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP