Loading

幸せな暮らしを守る賢い防犯対策とは

自分の家を侵入犯から守れるのは自分自身です。防犯対策をしっかりと意識した家造りをすることで、侵入犯を寄せ付けないようにしましょう。世界的に見ると安全な国である日本ではありますが、防犯意識は年々高まってきています。防犯設備も進化しているので、新築住宅を建てるときには最新の防犯設備を導入することをおすすめします。 

鍵のピッキング対策

侵入犯が室内に入るのを諦めるまでの時間は2~5分といわれています。つまり5分以上時間を稼げる防犯対策をしておくことで、多くの場合で侵入を防ぐことができます。そこで是非検討してもらいたいのが、玄関の鍵を「CPマーク」がついたものにすることです。CPマークとは、工具を鍵穴に差し込んで鍵を開けるピッキングという手法に対して、5分以上の抵抗性能が確認されているというものです。鍵の種類はシリンダー錠がピッキングに強く、特にディンプルキーは穴の形状や配列のパターンが多いため複製されにくい作りとなっています。 

窓からの侵入を防ぐ

侵入手段で最も多いのが窓から侵入する「ガラス破り」です。音を出さないようにガラスにヒビを入れて破壊する「こじ破り」という手法と、音をたててでもガラスを割る「打ち破り」という手法が多くを占めています。これらを防ぐには、防犯性の高いガラスやサッシを使用することはもちろんですが、窓から侵入しにくい家づくりをすることも大切です。大きな窓が道路から死角にならないような設計や、エアコンの室外機や物置などがベランダへ侵入するための足場にならないように設置位置を工夫する必要があります。こういった自身でできる対策をした上で、それでも突破されたときの対策としてホームセキュリティサービスを利用することもおすすめです。初期費用が少しかかってしまいますが、住宅用のパッケージであれば月額数千円と意外と安く契約することができるので、不安な場合は検討してみてください。 

まとめ

防犯対策はまず自分たちでできることを徹底的にやっておくことが大切です。警戒心が強い家だということを侵入犯に気付かせれば、わざわざリスクを冒して狙ってくることはありません。死角を作らないことやホームセキュリティサービスに加入するなどして、侵入犯に嫌がられる家づくりをしていきましょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 住宅会社を営業マンの人柄で選んではいけない理由

  2. コンロの数はいくつくらいがいいか

  3. R天井で光を柔らかく広げる和室をつくる

  4. 住宅ローンは変動金利か固定金利の2択で選ぶのが最善な理由

  5. 挽き板と突き板の床材

  6. 住宅ローンの変動金利を銀行や住宅販売業者が勧める理由とは?

  7. 意外と知らない吹き抜けのメリットとデメリットとは?

  8. 住宅ローンは人生3大支出のバランスをよく検討することが重要

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP