Loading

薪ストーブでかなえる炎のある暮らし

暖炉のような炎の温もりを感じられる生活に憧れる人もいると思いますが、そんな人には薪ストーブがおすすめです。薪ストーブは炎を主熱源としているストーブなので炎の温もりを直接感じることができます。そんな薪ストーブのメリットや注意点についてご紹介いたします。 

薪ストーブ導入のメリット

薪ストーブは燃焼効率が高く家全体を暖めることができます。機種によってはオーブン構造をもっており、チキンやパンを焼くなど調理器具として使用することができるのもメリットです。寒冷地などで家全体が冷え込みやすい家では薪ストーブは大きな魅力となるでしょう。 

薪ストーブ設置の注意点

昔ながらの薪ストーブを使用するには注意しなければならないこともあります。ストーブ自体が熱を発することになる「放射式ストーブ」の場合、ストーブが高温になるため直接触れるとやけどの危険性があるので、ペットや小さなお子さんがいる家庭には向いていません。そういった家庭には本体があまり高温にならない「対流式」の薪ストーブがおすすめです。
薪ストーブを効率的に使用するには家の構造も考える必要があります。薪ストーブを設置するのであれば、暖房効率が下がる吹抜けはなるべく作らない方が良いでしょう。どうしても吹抜けを作る場合は、薪ストーブの設置位置をなるべく離れた位置にすることで少しでも効率を上げることになります。
また、薪の確保や定期的な煙突掃除などのメンテナンス面の手間のことも考える必要があります。炎の温もりを直接感じられる魅力的な暖房器具ですが、注意点やデメリットもしっかりと理解して導入するようにしましょう。 

まとめ

昔ながらの薪ストーブを新築で導入する住宅はあまり多くありませんが、一般的なエアコンや電気ストーブとは明らかに違う魅力があります。その分特殊な器具でもあるので、導入の際は薪ストーブ専門店などに相談してから決めることをおすすめします。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. キッチン台の高さとその決め方について

  2. 書斎の机の大きさについて

  3. トップライト(天窓)を作る効果と注意点

  4. 台所の照明を考える

  5. 親との同居も安心!高齢者に優しい家づくりをしよう

  6. コンロの数はいくつくらいがいいか

  7. オシャレな鉄骨階段を取り入れる際に注意すること

  8. 難土地でも眺望も日当たりも良くプラバシーも守れる家をつくる工夫

PICKUP

  1. リフォームの工事時の注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP