Loading

蓄熱暖房で24時間暖房を実現する

家の中を24時間ずっと暖かく保ちたいという願望は多くの人が抱いていると思いますが、それを実現させる方法の一つが「蓄熱暖房」という方法です。蓄熱暖房を利用すれば、1日中エアコンを付けっぱなしにすることなく家中を常に暖かい状態にしてくれます。今回はその蓄熱暖房について詳しくご紹介いたします。 

蓄熱暖房とは

蓄熱暖房という言葉はあまり聞き慣れない人も多いかもしれませんが、電気代の安い夜間の時間帯にレンガやコンクリートなどの蓄熱体に熱を蓄えておき、それを昼間の時間帯に少しずつ放熱して部屋を暖める方法です。エアコンなどと違い温風で暖めるわけではないので、風を受けるのが苦手な人や花粉症などの人でも快適な空間で暮らすことができます。「蓄熱式電気暖房器」という機器を設置することになりますが、燃料補給などの必要もなく火気も使わないので安心です。ただし、温度コントロールがエアコンのように自在にはできないところは難点として覚悟しておく必要があります。 

蓄熱式床暖房

蓄熱暖房の機能を利用した床暖房というものもあります。床材の下に蓄熱体を設置し、夜間にヒーターで熱を蓄え昼間に放熱する仕組みです。エアコンなどの補助暖房と併用することがおすすめです。床下や土間にコンクリートを敷いて蓄熱体とする方法などもありますが、いずれにしても蓄熱式床暖房は新築の際に導入することが基本となります。 

まとめ

低コストで1日中暖かい家を実現させるには、蓄熱式床暖房はおすすめの方法です。導入するのに初期費用はかかってしまいますが、それだけの価値は十分にあると思います。ただし蓄熱式床暖房については新築時に導入するべき仕組みなので、新築住宅の購入を考えているのであれば買ってからではなく建てる段階で導入するようにしましょう。まだまだ導入している家庭は多くはありませんが、寒冷地の住宅などには特におすすめのシステムです。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 住宅ローン繰り上げ返済の期間短縮型と返済額軽減型の損得比較

  2. 職人目線で考える良い工務店の選び方

  3. 自然災害補償付き住宅ローンで近年の自然災害の大規模化に備えよう!

  4. 床暖房のメリット

  5. 吹抜けデザインを取り入れる効果と注意点

  6. 建築家との相性はどうやって確認すればいい?

  7. 高齢者に配慮した住まい(階段・廊下・玄関ホール)

  8. ローコスト住宅はなぜ成り立っているのか

PICKUP

  1. テレビまわりのあかりのテクニック

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP